×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 岐阜県・瑞浪市・興徳寺

  岐阜県の観光と歴史的建築物(ホーム)瑞浪市>興徳寺
【 概 要 】−興徳寺は江戸時代の旗本小里氏の菩提寺として開かれたのが始まりと伝えられています。当時の領主小里光明は元々この地の領主でしたが織田信孝に仕えた為、豊臣秀吉家臣森長可に攻められ小里城が落城、その後三河の国に落ち延び徳川家康に仕えるようになりました。関が原の戦いで東軍に組したことで旧領3500石が与えられ旗本として改めて領主に復権しましたが光明の孫である光重は跡継ぎがないまま元和9年(1623)に亡くなった為小里家は断絶しました。興徳寺の境内には小里光明・光親・光重3代の墓があり、寺宝である菅原道真公神像(延文2年:1357、像高35cm、面奥8.3cm、膝張り30cm、膝高8cm、大仏師法橋宗慶作、願主能登守源頼幸)は元の小里家の菩提寺であった大蔵寺より移したものと伝えられる由緒ある神像で岐阜県指定重要文化財に指定されています。又、興徳寺所蔵の茶壺(羽柴与左衛門景度作)は瑞浪市指定文化財に指定されています。
スポンサードリンク

興徳寺(瑞浪市):周辺の見所

興徳寺 桜堂薬師(法明寺) 天猷寺

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。