×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 岐阜県・関市・迫間不動尊

  岐阜県の観光と歴史的建築物(ホーム)関市>迫間不動尊
【 概 要 】−迫間不動尊の創建は弘仁14年(823)に開かれたのが始まりと伝えられています。当初は岩谷不動尊と称していましたが延宝8年(1680)に迫間岩谷不動尊に改称しています。古くから日之出不動、山中不動と共に美濃三大不動尊の1つとして広く信仰を集めました。神仏習合の形態が依然として継承しているようで、境内には鳥居や祠、本堂、石仏、地蔵、奥の院(境内最奥地で落差7mの滝の傍らの自然洞窟の中に本尊が安置されていて、内部はかなり暗く、無数の蝋燭が神秘性を高めています。)では鏡が祀られているなど神社の要素と寺院の要素が混在しています。
スポンサードリンク

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。