×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 岐阜県・可児市・柿本人麻呂社

  岐阜県の観光と歴史的建築物(ホーム)可児市>柿本人麻呂社
【 概 要 】−可成寺の創建は元亀2年(1571)、森長可が父親である森可成の菩提を弔う為、栄巌和尚を招いて開山したのが始まりと伝えられています。当初は金山城東寺が峰にありましたが慶長5年(1600)、金山城3代城主森忠政が川中島(長野県)に移封になると現在地に移されました。庇護者を失ったものの、江戸時代以降は森一族である赤穂・三日月・新見諸氏が庇護し堂宇の営繕や扶持が寄進されています。天和3年(1682)に長可の百年遠忌法要がい営まれて以来、可成・長可、蘭丸、坊丸、力丸の遠年忌が執り行われています。昭和42年(1967)には、蘭丸、坊丸、力丸の供養塔が境内に移されています。寺宝である脛当(森長可愛用)が岐阜県指定重要文化財に指定されているのをはじめ、森武蔵守長可公画像が可児市指定文化財、森家の墓所(可成・長可・蘭丸・坊丸・力丸)が可児市指定史跡に指定されています。
スポンサードリンク

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。