×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 岐阜県・恵那市明智町・柿本人麻呂社

  岐阜県の観光と歴史的建築物(ホーム)恵那市明智町>柿本人麻呂社
【 概 要 】−柿本人麻呂社は八王子神社の境内社で伝承によると明智光秀(織田信長の重臣で織田四天王に数えられた名将。本能寺の変を画策し信長を自刃に追い込んだものの、山崎の合戦で羽柴秀吉に敗れ、敗走している途中に何者かに殺害。当地は明智光秀の発祥の地の1つで柿本人麻呂を信仰していたと思われます。)が柿本人麻呂(飛鳥時代の歌人、万葉歌人として有名な歌聖、三十六歌仙の一人)の分霊を勧請したのが始まりと伝えられています。現在の社殿は一間社春日造(切妻、妻入、屋根は独特な曲線を描き、正面には向拝が付けられています。)、銅板葺、明智氏の家紋である桔梗が施され、岐阜県指定文化財に指定されています。正面の楓は明智光秀が手植えした大楓が昭和39年に枯死した為、植え替えられたものです。
スポンサードリンク

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。